だれもが知っているお話を、
客席とコミュニケーションを取りながら演じ、
演劇を身近に感じてもらえる作りとなっています。

ようこそ、おはなしレストランへ!
きみにピッタリの、今日のメニューは、これ!


 トップページ 主な上演作品
     
  ある時
(とき)、ふと、あらわれる、ふしぎなレストラン。
  このレストランでお出
(だしするのは、食べ物(たべもの)
 お料理
(りょうり)ではありません。お客様(きゃくさま)にピッタリ
 のお話
(はなし)をご用意(ようい)する、その名も「おはなしレ
 ストラン」。
  ある日
(ひ)、使(つか)いこまれたランドセルを背負(せお)
 た男
(おとこ)の子(こ)がやってきた。
 「このランドセルがピカピカだったころ、ボクはなんでも
 できるような気がしていた。でも・・・。」
 ふぅーっと、ためいきをついたその時(とき)に、レストランは
 あらわれる。
 「いらっしゃいませ。おはなしレストランへようこそ。君(きみ)
 にピッタリ の、今日(きょう)のメニューは、これ!」
  さて、扉
(とびら)をあけたその先(さき)で、男(おとこ)の子(こ)
 をまっていたのは?
  
原作/ブレーメンの音楽隊・大きなかぶ   

制作/上保節子
 
 
  


          
<新作>
                                     
 
おはなしレストラン